Liberapay のチームは多対多の寄付と同等です。贈与者は寄付額を選択し、受贈者はお金の分配方法を決めます。Liberapay は贈与者から受贈者への取引を算定し、実行します。

チームは対等な者同士の寄付のためのものです。法人がチームを使用して会員に寄付金を分配することはできません。

チームを作成する

はじめにご自身のアカウントにサインインする必要があります。

チームのメンバーになる

一度チームのプロジェクトに貢献したことがあれば、招待してもらえるか聞きましょう。ご自身のユーザー名を伝えるのを忘れないように。

お金を分配する

チームに階級はありません。メンバー全員が平等で、各自の取り分が設定されています。

あなたの取り分をあなたのチームのダッシュボードから変更できます。これには、前回と次回の Payday でのすべてのメンバーの名目上の取り分と、次回の Payday に受け取る実際の金額の見積もりを示す表が含まれています。

名目上の取り分は、メンバーが自分自身で入力する数字ですが、実際の取り分は、システムによって計算されます。最初に名目上の金額を合計し、その後それぞれが取る割合を計算し、結果として利用可能な収入にこれらの割合を掛け算します。名目上のものは、言わば最大値です。追加の収入があっても、実際の持ち分は名目上のものより決して高くはなりません。

名目上の取り分を、単純なパーセンテージではなく最大値として扱う理由を、疑問に思うかもしれません。最大値を使うことで、チームは未使用の収入(繰り越し)を持つことができます。これには複数の利点があります。第1に、チームのメンバーの収入を安定させる「クッション」を提供します。第2に、新しいメンバーをチームに統合するのが容易になります。なぜなら、新しいメンバーの取り分を増やすために、他のメンバーの収入に影響を与えるのではなく、繰り越しを減らすことができるためです。第3に、私たちのソフトウェアは、寄付者が実際にチームのメンバーに転送する金額を調整し、時間の経過に対して寄付者の貢献のバランスを取り、システムをより公平にすることができます。最後に、すでに資金調達目標に達している場合でも、チームへの寄付を有意義にします。なぜなら、それがチームの収入の安定性に貢献するためです。

自動的に計算される取り分

デフォルトでは、すべてのチームメンバーは、取り分として特殊な値 'auto' を持っています。これは、残りを均等に分配することを意味します。言い換えれば、取り分を明示的に設定したメンバーが最初に資金を得て、残りは自動取り分を持つメンバーに均等に分配されます。

取り分の金額に関する規制

チームで “Take Throttling” を有効にすると、そのチームのメンバーは、前の計算日の時点での名目上の金額に基づいて計算された最大値よりも高くなることはありません。これはメンバーが最初の週に収入の割当が不公平にならないことを約束することによって、チームに新しい貢献者が加わってくれるのを奨励することができます。

この制限は次のように動作します:あなたは、常に、取り分を $1.00 まで増やすことができます。あなたは、前の週と比較して、取り分を 2 倍にすることができます。あなたは、チームの繰り越し収入に請求することで、取り分を増やすことができます。あなたは、前の週の Payday での取り分の中間値まで取り分を増やすことができます。これらのうち最大の金額になるものが、それが次の週のあなたの取り分の最大値です。

取り分はチームのメンバーが 1 人しかいない場合や、前の週の取り分が完全にゼロの場合(支払日以降に開始されたチームなど)は制限されません。

すでに存在しているチームの取り分制限を有効にしたり無効にしたりするには、サポートに連絡してください。この変更がチームの他のメンバーによって認められているという証拠を含めてサポートに連絡することを忘れないようにしてください。

チームのメンバーから脱退する

チームのダッシュボードからチームを脱退できます。

メンバーをチームから離脱させる機能はまだ実装されていません。メンバーを離脱させなければいけない証拠と、他のメンバー間で総意がとれている証明を用意して、サポートにお問い合わせください。

チームアカウントを削除する

チームアカウントは、最後のメンバーが離脱すると自動的に削除されます。